学習69日目:エラー解決のコツを掴んできた。

今日の学習時間。

  • Day:69
  • Today:10h
  • Total:426h

学習内容について。

  • アプリ開発
    • フォロー機能

いやはや、今日もエラーとの戦いに明け暮れました。上のコミットを見てもらえれば分かると思いますが、コードの記述量自体は多くないです。しかし、このコードを書くまでに大変苦労しました。途中、もうメンターに聞くしかないかなと思って、質問文を書いていたときにハッと解決策が思いついたので何とか解決。ノートか何かにエラーの内容を書いて、客観的に見つめることがエラーの解決法の1つとして優秀かもしれません。

RESTアーキテクチャの記述方法は大体同じような感じがします。でも、テーブルが増えてくると、型の関係でややこしくなってくるんですよね。。未だに型にクラス名が付く書き方に慣れない。私のエラーのほとんどが型の違いによるものです。次点でがNull。この2つのエラーが出ないような書き方ができれば、だいぶ助かるのだけど。そういえば、JavaScriptみたいな動的型付け言語だともしかしたらスラスラ書けるかな?でも、Javaで型付けに慣れてきつつあるから、型の定義をしないのは何となく気持ちが悪い気もします。ある意味、エラーがあることを教えてくれるのはありがたいことです。

エラー解決のために
  • エラー文でググる
  • 怪しい箇所をコメントアウトして比較
  • 値がちゃんとしているかSystem.out.println()してみる
  • 変数を固定長にしてみる
  • ノートに具体的に記入する
  • 何をどうしたいのか改めて洗い出す

上記を実行すれば、少なくともどの辺がエラーの原因になっているかが分かると思います。そうすればシメたものです。思いつく限り試してみて、解決すれば二度と同じ間違いをしないように心掛けると良いのではないでしょうか。エラーの原因を抽象化してノートに書き留めておくこともオススメです。

今日の反省と明日の目標。

あとは、一覧表示のIndexを完成させればフォロー機能の実装は完了します。ただ、フォローしている時としていない時との条件分岐がまだなので、そこをどうするか考えたいと思います。出来るだけシンプルに書いていきたいところです。

閉じる