学習67日目:Linuxの環境構築。

今日の学習時間。

  • Day:67
  • Today:10h
  • Total:406h

学習内容について。

    • Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門
    • 新しいLinuxの教科書
  • メンタリング8回目:30min.

やっぱりLinuxは必要。

今日はまずDockerの学習を進めていたのですが、本を読み進めるほどにLinuxを学ぶ必要性を実感しました。大体、Dockerをサーバ上で稼働させるならLinuxを稼働させることになるので。これはAWSでサーバを構築するときにも薄々気づいていたことではあります。そもそも仮想化ソフトウェアのことを知らないでdockerの利点を理解できるものでしょうか。数あるプログラミング言語の隆盛は激しい中でLinuxは常にサーバ用のOSとして圧倒的なシェアを誇っています。いつか学習したいと思っていたけど、思ったよりも早く手をつけることになりました。

早速、仮想化ソフトウェアであるVirtualBoxをインストールしました。次にCentOSをインストールしたのですが、ISOファイル(イメージファイル)が7GBほどあって時間がかかる。

大体3、4時間かかりました。最初はSafariでダウンロードしていましたが、ネットワークが少しでも乱れると中断して最初からやり直しなので結局Chromeを使いました。

それから、VirtualBoxで仮想マシンを作成。再起動連発で苦戦しましたが、何とか環境構築は終了しました。これから様々なコマンドを実行していく予定ですが、サーブレットのアプリも進めないといけないので一旦中断します。

最終的にはこちらの記事を参考にしました。再起動時に落ちる不具合が発生しましたが、USBとオーディオを無効化したら解決。メモリが足りなかったのかな?

8回目のメンタリング。

今日のメンタリングでは、前回実装したリアクション機能をシェアスクリーンで実演してみせました。そこは問題なくクリア。続いて、フォロー機能の作成書類を使ってのプレゼンをしましたが、やはりいくつかの問題点を指摘されたのでメモしておきます。

それぞれ従業員に関するページのフォローボタンは廃止しました。言われてからなるほどと思ったのですが、従業員にはそれぞれ管理者権限と一般の権限を持たせてあります。そして、管理者権限のフラグを持っているときに限って従業員に関するページを見ることができるのであまりメリットがありません。

もし、管理者権限ならではの機能として他人のフォロー関係をコントロールするのであれば有用かもしれません。今回はその機能は実装しませんが、色々な選択肢が生まれて面白いなと思いました。

フォロー管理、フォロワー管理それぞれに日時を追加した方が良いとのアドバイスを受けました。

これが問題でしたね。いいねテーブルを作成した時も「誰が誰に」の関係性を持たせると言われたばかりなのに、それを完全に実践できていませんでした。悔しい。フォローテーブルの場合はフォローした社員とフォローされた社員がいるわけです。そう考えると簡単ですが、テーブル定義するとなるとイメージが湧かないのかな。今後の課題です。

修正一覧は最初に触れた従業員一覧と詳細ページのJSPを削除しただけです。

今日の反省と明日の目標。

今日もあっという間に時間が過ぎていきました。現在は主にインフラ系の学習を進めているけど、知らない単語ばかりで逐次調べています。まあ、本を買った当初パラパラ読みましたが、その頃よりはすんなり読めているかな。最初はほんとに呪文が書いてあると思ったからそれに比べれば多少進歩したと思います。

それと同時にアプリ開発の方も進めていかなければなりません。明日は、メンタリングで修正した設計書を元にコードを書いて実装する予定です。早くLinuxやDockerを触りたいというモチベーションで頑張ります。おそらくエラーとの邂逅が待っているとは思いますが。。

閉じる