学習119日目:最後のメンタリング。

今日の学習時間。

  • Day:119
  • Today:5h
  • Total:755h

学習内容について。

  • iTerm2のインストール
  • 日報管理システム
    • IntelliJでの環境構築
  • メンタリング22回目(ラスト):30min.

iTerm2をインストール。

Macでは標準でターミナルが入っていますが、この度iTerm2というソフトをインストールしました。もっと早くから知ってればなと思うような機能がたくさんある上に、デザインが格好良いです。インストール自体はHomebrewを利用したので簡単でした。下記のコードだけ。

$ brew cask install iterm2

そして、最低限覚えるべきショートカットキーはこちら。

+ d画面分割(縦)
+ + d画面分割(横)
+ t新規タブ作成
+ ←→タブ移動
+ + ←↓↑→画面分割の移動
+ wタブを閉じる
Enterフルスクリーン
f検索
+e全てのタブを検索・表示
;入力補完機能
u透明度切り替え

IntelliJの環境構築。

この前は「パッケージ javax.servlet.http は存在しません。」というエラーが出て何がなんやら訳が分かりませんでしたが、そこは解決しました。Mavenに下記の依存関係を追加すればOK。

<dependency>
    <groupId>javax.servlet</groupId>
    <artifactId>javax.servlet-api</artifactId>
    <version>3.1.0</version>
</dependency>
<dependency>
    <groupId>javax.servlet.jsp</groupId>
    <artifactId>jsp-api</artifactId>
    <version>2.2</version>
    </dependency>
<dependency>
    <groupId>javax.xml.bind</groupId>
    <artifactId>jaxb-api</artifactId>
    <version>2.3.0</version>
</dependency>

EclipseではPleiades All in Oneという諸々込みになったパッケージを使っていたので上記のような設定をする必要がなかった訳です。今考えるとそんな便利なものは使わずに1つずつ環境構築する方が為になるのになと思います。まあ、カリキュラムの都合上仕方がなかったのでしょう。パスを通すのだってLinuxの学習をしているときに知ったからそれを勉強しなければパスとは?という状態でした。やっぱり独学する習慣は大事です。

メンタリングについてのメモ。

今日は最後のメンタリングでした。雑談をしながら幾つか質問したのでまとめておきます。

  • 良い企業を見分けるコツ
    • まずホームページで業務内容を見る
    • ちゃんと開発業務を行なっているかを確認
      • コールセンターなどの関係ない所に飛ばされた例もあるそう
    • 取引先を確認する
      • 普通は自慢として載せる部分
      • 有名な会社があるか
    • 設立年を確認
      • 10年以上あればひとまず安心
    • 面談で詳しく質問する
      • 失礼には当たらない
  • Javaでオススメのフレームワーク
    • Struts
      • 恐らく今あるシステムで最も多く使われているJavaフレームワーク
    • 現場によってフレームワークは異なるので入社後に学んでも良い
    • 独自のフレームワークを使っている場合もある

今日の反省と明日の目標。

最後のメンタリングで悲しい。巷ではプログラミングスクールの悪い噂も多いですし、中には当たっていることもあります(これもいつかまとめようと思います)。しかし、スクールに通うことの最も価値ある意義はメンターとの信頼関係で生まれるモチベーションの高レベルでの維持だと思います。もちろん当たり外れはあるかもしれませんが、それは担当者を代えてもらえば済む話です。プログラミングを始めた当初はサーブレットが本気で嫌になった時もありました。

そんな中でメンターの支えもありつつコードを書きまくることで突然、本当に突然ですが、一気に理解できるようになりました。それからは殆ど躓くこともなく様々な機能を実装することが可能になりプログラミングの面白さに目覚めました。これからもプログラミングを続けていく上でどうしても分からない問題が出てくるだろうと思います。その時はこの経験を忘れず粘り強く続ければ必ず理解できると肝に命じて取り組んでいきたいです。それにしても、受講前まではメンタリングという用語も知らなかったのに今ではメンタリングの信奉者になってしまいました。個人的にはMENTAというメンターと契約できるCtoCサービスが面白そうなので今度試してみようと思います。

閉じる