私が文化服装学院を1年半で中退した理由。

私は高校卒業後、ファッションデザイナーを目指していたこともあり東京にある文化服装学院という服飾の専門学校に進学しました。学科はファッション高度専門士科という4年制のコースを選びました。しかし、1年半で中退する道を選択しました。

この記事ではなぜ卒業まで在学しなかったのか?何が問題だったのか?を書き留めていきます。

もし、ファッション関係の仕事を目指していて文化服装学院へ進学しようと考えている方は参考にしてみてください。結論から言って、服作りを学ぶのなら2年間で十分だと思います(異論は認めます)。

この記事の想定読者
  • 高校卒業まで全く洋服を作ったことがないけど、ファッションデザイナーになりたい人
  • 服飾専門学校に行くか迷ってる人

初めは全くのド素人。

1年次はとにかく基礎。

私は高校時代からデザイン画は描いてましたが、縫製に関しては全くのド素人でした。

  • 針の持ち方が分からない
  • ミシンの糸の掛け方が分からない

上記が入学前の私です。ただ、安心してください、誰でも必ず縫製はできるようになります

文化服装学院に入学後はまず、並縫いの仕方から習います。今考えると、それが当時の私にとっては一番難しかったのを覚えています。とはいえ、周りの学生はどんどん縫えるようになっていく中でかなり焦りました。

一部の学生は高校時代に服飾のコースを修了してます。縫製に慣れているので当然といえば当然ですが、その人たちのスピードに驚くばかりでした。わざわざ東京へ来たのにも関わらず、並縫いすらスムーズに出来ない自分を恥じました。泣

毎日ほぼ徹夜で練習。

それからは毎日ほぼ徹夜で縫い方の基礎を覚える生活が始まりました。遊んでいる暇なんて、まるでなかった。文化にいたときの平均睡眠時間は4時間ほどだと思います。周りもそんな感じだったかな。

当然、バイトもしないで課題やデザインの練習で土日は家に篭りっきりです。そのような生活を夏休み前まで続けました。その成果もあって夏休みが終わる頃には手縫いやミシンに関しては問題なくこなせるようになりました。これでようやくスタートラインに立ったようなものです。

ちなみに、夏休みまでに5人くらい教室からいなくなってしまいました、悲しい。突然いなくなるんですよね。やっぱり、服作りに関しては人によって向き不向きがあると言わざるを得ないです。向き不向きは結局、忍耐力の差だと思います。

上の画像が夏休みまでに作った服です。全くのド素人でもこんな服が作れるようになります。

しかし、夏休み後にはジャケットの制作が始まります。このジャケットがかなりの難敵で、初見では全くもって意味がわかりません。おそらく、独学で最後まで作れる人は稀だと思います。そういう人は学校に入る必要がないかもしれません。

シーチングを使ったジャケットの仮縫い
シーチングを使ったジャケットの仮縫い。

縫製はできるようになっていたので、ようやくのんびり進められると思っていたけど再び徹夜生活に逆戻りです。冬休みまで、ひたすらパターンへの理解を深めました。

成績は学科で一番に。

上記の努力の成果もあって、1年次修了時の成績は学科で1番よかったです。

デザインに関しては一筋縄ではいきませんが、縫製やパターンに関しては数をこなすことで誰でも必ずできるようになります。やっぱり慣れが重要。そして、今にも繋がることですが継続する習慣をつけられたのが大きかったです。

1年次に作った服です。シャツやスカートなど、アイテム毎に課題が与えられるので基本の形をさっさと終わらせて上の画像のように自由な形で作ってました。

提出期限の1ヶ月前に課題を終わらせたこともあります。基本の形は重要なので必ず一度は教科書通りに作ってみることをオススメします。でも、それは一回だけで十分です。

2年次はとにかく退屈だった。

さて、無事に2年に進級できたのですがとにかく退屈でした。

文化は課題が大変という声をよく聞きます。確かに人によっては提出期限に間に合わず居残り、そして進級できないこともあります。しかし、実際は縫製の基礎さえ理解して工程を効率よく進めることが出来れば、余裕で終わるので安心してください。

暇すぎて、当時は下の画像のようなどこに着ていくのか分からないような服を作ってました。

コンテストに出したらまさかの入賞。

退屈そうなのが先生に伝わったのか、コンテストに出してみることを勧められました。

ファッションデザインのコンテストはあまり知られていませんが、結構な数で毎年開催されています。学生の力試しみたいなもので、ちゃんと賞金も出ます。初めてコンテストを出すにあたって落ちたら嫌なのでしっかりとリサーチをしてデザイン画を提出しました。

コンテスト名は「YKKファスニングアワード」です。1次審査と2次審査を無事に通過し、応募総数5,889の中から最終的に28の内の1つまで残ることができました。今度、その顛末をブログで思い出しながら書いてみようと思います。

中退することを決意。

上記のコンテストが終わった時点で中退することを決意しました。

中退を決意した理由
  1. グランプリを取れずに自分の力の無さを痛感
  2. 残り2年間の時間の過ごし方に悩む
  3. 世界に出てみたかった
  4. 服だけ作れても生き残れない

順番に見ていきます。

①:グランプリを取れずに自分の力の無さを痛感。

YKKファスニングアワードの受賞作品
YKKファスニングアワードの受賞作品。

初めてコンテストに応募して、入賞することが出来ました。しかし、それと同時に自分の力のなさを痛感しました。

加えて、参加者と話してみてファッションにかける情熱が凄くて、このまま同じ環境に居ても成長はできないと感じたのも中退しようかなと思った一因です。

② :残り2年間の時間の過ごし方に悩む。

1年生では縫製の基礎とパターンを重点的に、2年生では立体裁断を中心に学びました。正直言って、以上の要素を習得できれば後は独学でいくらでも発展させることができます。3年生、4年生の作品を見て失礼かもしれませんが、今の自分でも作れるなと思っていました。

4年生になると各々がファッションショーを行えます(それが卒業制作)。それがこの学科の最大のアピールポイントだったのですが、調べれば調べるほどにファッションショーは厳しい状況に置かれています

下記の記事がファッションショーの問題を分かりやすく解説しています。果たして、ショーを開くことに1年を捧げていいものか疑問が頭の中に渦巻いていました。

③:世界に出てみたかった。

トロント水族館前での記念撮影
トロント水族館前での記念撮影。

これは完全に個人的な理由です、すいません。昔から、海外の映画や小説が好きで一度は外国で暮らしてみたいと思っていました。その後、ワーキングホリデーという制度を使ってカナダに語学留学したり、アントワープ王立芸術アカデミーを受験します。

経験から言えることなので半信半疑ですが、若い人ほど海外に行ってみるべきだと思います。失敗しても構いません、っていうか若いうちに失敗や苦労をしなければいつするのでしょうか。

④:服だけ作れても生き残れない。

AI技術の進歩がスゴい。

当時からAIの進歩について目を見張るものがありました。デザイナーはAI時代にも生き残れると言う人もいますが、全くそんなことはないように思えます。

上記の記事ではAIがデザインした作品がファッションコンテストで2位に入賞したことについて書かれています。

服は売れなければただのゴミです(自分に言い聞かせています)。市場を調査して売れるデザインを考えなければなりません。AIが最も得意とすることはビッグデータから最適な答えを導き出すことで、それこそファッションデザインに最も向いている性質だと思います。

余程カリスマ性のあるファッションデザイナーでない限り、あと10年もしない内に淘汰されていくのではないでしょうか。あまり考えたくないことだけど、時代の流れは早い。

人間がする作業はAIが作り出したデザインを選ぶことに特化するような気がします。

アパレル業界の厳しさ。

現在のアパレル業界は二極化が激しいです。

服が売れなくなった原因
  • 世界的な不況(日本は特に)
  • 服にお金をかけないという価値観の広がり(ミニマリスト)
  • SNSの広がり(服以外でも自己表現が可能)
  • ユニクロで十分に事足りる
  • フリマアプリで中古品売買(新品が売れない)

上記以外にも様々な要因があってアパレル業界の衰退が止まりません。10年前はまだ希望はありましたが、最近は目も当てられない状況です。

それとは反対に近年注目を浴びているのが卸売りをしないでSNSで集客し直接販売するD2C(Direct to Consumer)という販売モデルです。広告費はSNSで賄えるし、卸売りをしないのでコストも削減できます。

もはや、スキルさえ有ればわざわざこれから続くかも分からないメーカーに入る必要は皆無だと思います。

In 15 minutes everybody will be famous.(15分で誰でも有名人になれるだろう)

アンディ・ウォーホール

芸術家アンディ・ウォーホールは上記のように言いましたが、これからは15分で誰でも自分のブランドを持てる時代です。せっかく自分でデザインしても他人の名前で販売される時代にはサヨナラ。

文化服装学院に入学して良かった点。

デメリットばかり書きましたが、もちろん良かったこともあります。

文化服装学院の良いところ
  • 徹底的に基礎を学べる
  • 施設が非常に充実している
  • 人との出会い(生徒、先生が多い)

これらの内容については別にまとめたいと思います。

これから入学する人に言いたいのは、とにかく沢山の人に会ってコネを作っておくべきだということです。私はほとんど学校へは直行直帰だったのでその点は後悔しています。

あとがき。

これからは学校を卒業したからといって就職できるとは限らないし、その就職先もいつまで続くかは誰にも分かりません。そんな時代でも自分自身が誰とも代替できない存在になることが生き残れる唯一の道だと確信しています。

閉じる