2016年にアントワープ王立芸術アカデミーを受験した話。

今回は私がベルギーのアントワープ王立芸術アカデミー(以下アカデミー)を2016年に受験した話をしていきたいと思います。当時は21歳でした。

いかんせん、アカデミーの情報は少ないことで有名です。私も情報がないゆえに大変な目にあったので、もし今度受験される方の参考になれば幸いです。いくつか体験談があるのでシリーズで書いていきたいと思います。

前回、文化服装学院を中退した話を書きましたがそれの続きです。もし読んでない方がいればぜひご覧ください。

さて、結論としては圧倒的な力の無さを感じつつの不合格でした。うずまきの中にいるような感覚で、ショックを受ける間もなかったです。

不合格だった理由
  • 英語力不足
  • 画力不足
  • ポートフォリオの内容が薄い

つまり全ての要素で通用しませんでした。逆に合格するためには上記の合格ラインを超える必要があります。

アントワープ王立芸術アカデミーとは。

アントワープ市街の光景
アントワープ市街の光景。どこも工事しすぎ!

おそらく、ファッションに興味のある方以外はあまり知らない学校ではないでしょうか。

軽くまとめると。。
  • 1663年設立(古い!)
  • あのゴッホも一時期在籍した
  • アントワープシックスを輩出
  • 他、多数のデザイナーが卒業
  • 世界三大ファッションスクールの一つ
  • 入学と卒業がかなり難しい

上記のとおり、ファッション業界の中では超が付くほど有名な学校で、多くの卒業生が一流ブランドで活躍しています。

主な卒業生
  • ドリス・ヴァン・ノッテン
  • マルタン・マルジェラ
  • ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク
  • ダーク・ビッケンバーグ
  • デムナ・ヴァザリア
  • クリス・ヴァン・アッシュ

ほんの一例ですが、名だたるデザイナーがこの学校を卒業しています。なぜだか、私の好きなデザイナーはみんなアントワープ出身です。

振り返れば無謀とも言える挑戦。

さて、とんでもない学校ということは分かって頂けたと思います。

当然ですが入学試験は難関。卒業するのはさらにハードです。

ファッション学科は入学時はおよそ60人なんですが、毎年、学年が上がるごとに半分ずつ人数がふるい落とされていきます。結果、4年間を通して卒業できる人は10人もいません。多分ですが、こんな学校は世界中探しても無いと思います。

当時の私は何を考えていたのか、なぜかイケると思い込んでいました。

当時の私のスペック
  • 服作りの基礎は学習済み
  • 英語は全然ダメ
  • 自信だけはあった

とはいえ、いくつか決断に至った理由はあります。

当時のインターネットで調べると卒業した日本人のインタビューとかあって、そこでは英語ができなくても卒業できたとか、他人に手伝ってもらって審査を通過できたとか、結構そんなことが書いてありました。

実際、そんなことはあったかもしれません。ただ、注意不足だったのがそれは10年以上前の情報だったということです。

逆に近年の入試や日本人の情報は全然探してもありませんでした。後から知ったのですが、学長が変わってから語学に関する基準が厳しくなったそうですね。

アントワープに着いた後、宿のおばさんが驚いてました。「よく、そんな英語で試験を受けようと思ったわね」と。試験が始まるまでに勝負はついていました。なにごとにも言えることですが情報収集は大事ですね。

試験内容から理解できなかった。

2016年のアントワープ王立芸術アカデミーの入学試験の様子
この作品は水彩画の課題です。

まあ、せっかく遥々とアントワープまで来たのだから試験は受けることにしました。時期は7月上旬、ベルギーは夏でもそんなに暑くはないです。そして、日没が異常に遅い。試験会場へは9時に集合でした。

行ってから驚いたのですが、試験会場の外は多国籍の長蛇の列です。当然、ファッション学科の試験なのでみんな奇抜な格好かハイブランドに身を包んでいて、ただただ圧倒されました。

それからは英語もよく分からないので列に身をまかせ、なんとか席に着くことができました。特に席順は決まってなくて、早い者順と言っていいかもしれません。

後から、この席取りがいかに重要なことであるかを思い知らされます(服を着せた人台をデッサンするのですが角度によって見にくい教室もあったり絶対に描けないような服もある)。

机に座って試験に必要な道具を出しているとそれからまもなく試験官(教授)が入って来ました。予想外だったのが試験内容は紙で配られずに、口頭で知らされるだけということです。

単語の端々は分かりましたが、結局半分も何を言ったのか理解できませんでした。幸いにも両隣のドイツ人とタイ人がとても良い人で色々と教えてもらい何とか概要を理解できて試験スタートです。

試験内容はデッサンと水彩とプリント作成を2日間に渡って行います。

結構ハードですが、芸術系の試験はどこもそんな感じのようですね。実技の合間に面接があります。書くと長くなるので今度詳しくまとめます。

日本の試験とは違って驚いたこと
  • スマホで写真を撮って、それを見て絵を描いてもOK
  • 音楽を聴きながら作業してもOK
  • 昼食は各自。取らない人も居た、帰ってこない人も
  • 1日目の課題は回収されないので、持ち帰って部屋で描ける

上記のような感じで、試験自体はとてもラフです。本当にこれで合否を判断しているのか疑問に思います。

恐らくですが、面接が一番大事かもしれません。

当時は面接の順番が回ってくるのが嫌でしょうがなかったです。もう別に面接は受けなくてもいいかな?と思ったけどせっかくなので受けました。英語が上手く話せなくて罵倒されるか心配だったけど、そうでもなかったです。むしろ面接官の人は分かりやすい英語で優しく話してくれて、なんとか面接として成り立ちました。

面接官は2人いましたが片方の人は少し日本語を話せたので驚きました!経歴や好きなデザイナーのことを聞かれました、特にアントワープを卒業した日本人のこと。日本人は珍しいのか他の人よりも結果として長時間拘束されました。。当たり前ですが、最後にもっと英語を勉強しなさいと言われましたが。

しかし、他の人の話を聞くと私は運が良かったそうです。最初に入った教室によって面接官が振り分けられており、運が悪ければ厳しい圧迫面接が待っていましたX(。

シビアな合格発表。

そんなこんなであっという間に2日間の試験が終了しました。受かっているわけないだろうと思いながらも、心の隅に期するものがあったのかちゃんと合否発表の時間に再集合しました(一度解散してまた同じ試験会場に集まる)

そこで驚いたのが(驚いてばかりですが!)、合格者は口頭で伝えられます。なので、誰が受かったか落ちたかが周りを見れば分かります。

かなりシビアです。

予想通り、私の名前を呼ばれることは最後までありませんでした。周囲からはすすり泣く声も聞こえる中で虚しく荷物をまとめます。仲良くなった周囲の人たちは誰も合格を勝ち取ることはできませんでした。

でも、私の場合は惜しい惜しくない以前の問題だったのであっけらかんとしてました。新たに課題ができたのでそれを克服して再びチャレンジすることを胸に刻み、日本への帰途につきました。

それから。

アントワープ王立芸術アカデミーの試験の不合格通知メール。
不合格通知のメール。後日、試験の採点を上記の場所・時間で見せてもらうことができる。

このまま終われない、せっかくなので受かりたいと日本に帰ってきてからは思いました。そのために必要な要素は冒頭に書いたような全てのスキルです。

合格のために必要なこと
  • 英語力の向上(コミュニケーション)
  • デッサン力の向上
  • 作品を充実させる

初めから分かりきったことでしたが。。これから受験する人は少ないとは思いますが、上記の要素を徹底的にこなしてください。

おそらく、デッサン力はそこまで重視されてないので最優先は英語です。それと同時に作品を作っていけば間違いなく受かると思います。

もし分からないことがあればお問い合わせフォームからなんでも聞いてください。分かる範囲でお答えします。近年、日本人の留学生が少なくなっているのでぜひチャレンジして欲しいと思います。

閉じる