【№10】ミニマルなストライプスーツ(ジャケット編)。

今回、紹介していくのはジャケットです。スラックスと合わせて製作したので販売する際はニコイチでと考えています。

前回のスーツとコンセプトはほぼ同じでミニマリズムがテーマとなっています。極力必要ないと思ったディテールは排除しました。

ミニマルが生みだす違和感。

ご覧のとおり簡素なデザインです。

ディテールを減らしてみて分かったことですが、ミニマルな服はデコラティブな服と同等か又はそれ以上に服自体の存在感が増すということです。恐らく基準となる常識的な服の形態に慣れているため、その差を以って違和感として感じるのだと思います。

最近のファッションを見れば一目瞭然ですが、この「違和感」というのが大きなテーマです。左右非対称だったり、異なる素材を用いてみたりといったシュルレアリスムでいうデペイズマン的な手法がよく見られます。

このスーツも本来のスーツを見慣れている人であれば、いくぶん奇妙な感覚を覚えるだろうと思います。とはいえ技法は伝統的な毛芯仕立てを踏襲しており、その中で肩パッドを省き身頃の芯を延長してその代わりにするなど実験的な方法を用いています。

今回は縫製途中の写真も撮ったのでこの記事とは別にまとめました。ぜひご覧ください。

ディテールをミニマイズする。

カミソリのような前端。

ジャケットの前端

ジャケットの前端はノーカラージャケットにおいて重要なアクセントになり得るものだと思います。

前回のジャケット同様にミシンで縫い合わせるのではなく、前身頃と見返しの縫い代を折って「ツライチ」でまつっていきます。

よって、市販のジャケットに見られる「控え分」がありません(通常のジャケットだと裏側の生地が見えないように1、2mm内側にずらしてある)。かなりの手間がかかりますが、ミシンの機械的な硬さとはかけ離れた独特の雰囲気があります

加えて、ぴったりと折り目が揃っているということは星止め(ステッチ)をギリギリの際で行えるという利点があります。手が切れるぐらいというと大袈裟ですが、まさに剃刀のようなシャープな前端です。

首に吸い付くように。

カラークロスを使った衿みつ

みつ芯(後ろ身頃の衿付け部分の芯)は通常スレキという綿織物がバイアスで使われることが多い(とはいえ市場に出回っているジャケットのほとんどは接着芯)ですがこのジャケットでは毛芯を用いています。

毛芯を使うことにより、比較的負荷がかかりやすい首回りをしっかりとホールドしてくれます。

そして、その毛芯を包み込むようにカラークロスを手でまつっていきます。毛芯がバイアスで付いているので、それに合わせて動きの出るバイアスのカラークロスを合わせました。

微妙な差かもしれません。しかし、首回りのフィット感が出る出ないでジャケットの重量の感じ方もかなり変わってきますから無視できないポイントです。

最後にアイロンで首回りの形をイメージしながら形状記憶させていきます(熱可塑性により)。

唯一のアクセントとして。

オニキス製のボタンを使用しました。ジャケットがシンプルな分、瑪瑙(めのう)の艶が目立ちます。初めは片側だけ付けてたのですが、それだと面白くないので両側に付けました。

ウエストマーク的なアクセントとして視線を上に向かせる効果があり、脚が長く見えます(たぶん)。

オープンフロントを想定していますが一応ダブルブレストのジャケットに用いられることも多い「ひっぱり」を付けました。

ポケットへの道しるべ。

ジャケットの内ポケット

表にポケットが付いていないので、このジャケットにおけるポケットは2つの内ポケットだけということになります。とはいえジャケットのポケットを全て使っている人は稀だと思いますし、表のポケットにものを入れるとシルエットを崩すから御法度です(スーツの場合)。

それならなぜついているのかという疑問が湧くと思いますが、完全に伝統という名の慣習ではないでしょうか。

ある意味で現代的な、スマートフォンさえ入ればOKというような使用方法を想定しました。ジャケットがミニマルであるならば、生活スタイルもミニマルな人をイメージして作るのは必然です。

限りなく細い「お台場」。

見返しは切り台場と言われる「お台場仕立て」の一種を用いています。

お台場とは見返しを伸ばして表地にポケットを作る仕立てのこと。裏地を跨いでポケットを作ると裏地の交換ができないので昔は裏地を交換することを前提とした高級な仕様だったそうです。

今では裏地の強度も高いのでさほどありがたみは薄れていますが、それでも手間がかかるのでオーダーメイドでもオプション価格が付くところも多いですね。

こういったお台場を見慣れている方は、ポケットと裏地との隙間が非常に細幅だということに気づかれたはずです。

これは「裏地あとのせ」だからこそできることで、ミシンを使わずに手でまつり縫いしていくのでとても時間と手間がかかります。それでも、細ければ細いほどエレガントさは増すと思うので必要な労力だと思い頑張りました。

ポケットはもみ玉縁仕様です。お台場の細さに合わせて口幅が最も細いこの仕立て方を選びました。松葉かんぬきを矢印のように刺繍しています。

重力を利用したサイドベンツ。

ベンツを入れるか迷うところではありましたが、機能性を重視してサイドベンツにしました。

切り込みが入っていてもノーベントのように見えることが重要です。ベンツの隙間からお尻が見えることほど見苦しいものはありませんから。そこで、ベンツが開かないようにする工夫の1つがこのコインポケットです。額縁仕立てにして途中縫わないだけでできます。

ここにコインなどの重りを入れることでベンツがストンと落ちて、綺麗なシルエットを生み出すという寸法です(あくまでも)。イメージとしてはシャネルジャケットのチェーンウェイトのような感じでしょうか。

簡単なように見えて星止めやかんぬきなど意外と手間がかかりますが、好きなディテールの1つです。

袖まわり、肩まわり。

流れるような肩線。

肩線をご覧いただくと分かると思いますが、大きく後ろ身頃に向かって振られてなだらかなカーブを描いています。この肩線には様々なラインがあり、作り手のジャケットに対するイメージ図が理解できるポイントの1つだと思います。

現在流通するジャケットのほとんどは真っ直ぐ肩の上を縫い目が通るデザインが大半です。縫製に関してはそれが最も簡単な方法で量産にも向いています。しかし、昔の服(映画などで)を見れば顕著ですが肩線が後ろに振れているものばかりです。

肩線を後ろにすることのメリット
  • 後ろ肩線がバイアスになるのでいせを多く入れられる
  • 前肩線は水平に近くなることで歪みにくくなる
  • 肩甲骨に沿った縫い目によるダーツ効果
  • 前から見たときのシルエットが良くなる
  • 肩にかかる重量を分散させ、軽く感じさせる

どれも正しいと言えますし、正しくないとも言えます。技術的には非常に難しいところであり正解はないのでは:O。。

肩線の縫い代を倒す方向について。

袖には多めにいせを入れています。シワになっているのがその証拠です。美意識の問題になりますが、日本人はあまりシワを好まないようです。

ところが南イタリアにはあえてこのシワをデザインポイントとして売り出しているサルトリア(テーラー)が多くあります。一般的にはマニカ・カミーチャ(雨降り袖)と呼ばれているものです。

このシワを出すには袖の縫い代を身頃よりも大きめにするのは勿論ですが、縫い代を倒す方向も関係しています。

縫い代を倒す方向による変化
  • 縫い代を袖側に倒す→ふんわりとした「のせ袖
  • 縫い代を身頃側に倒す→シャツのような「雨降り袖
  • 縫い代を割る→段差がなくフラットな「割り袖

このジャケットは雨降り袖なので縫い代は身頃側に倒してあります。前身頃だけ割って後ろ身頃は袖側に倒すといったパターンもあり、とても奥が深いです。ここまでくれば「ハウススタイル」の問題になってきます。

どれが良いとは一概には言えませんが、雨降り袖は肩パッドを省いた仕立てが多く、それゆえに軽い着心地が特徴です。作り手からすると肩パッドを使ったほうが比較的簡単にシルエットを出せますが。。

今回は毛芯を肩まで延長しているので肩周りの安定感は抜群です!

生地について。

幻の藤井毛織「AIR SHIP」。

ヴィンテージ生地に興味がある方はご存知だと思いますが、幻の藤井毛織の生地を使用しました。

これは秋冬用の生地で、藤井毛織の代表作と言える「AIR SHIP」といいます。「JAMES DRUMMOND」とコラボして作った「QUEENLAND VIVO」という当時では新しかったシリーズです(らしい)。

生地の特徴

生地の色は黒。生地のデザインはストライプですが、普通ではありません。あまりにも複雑でそれがストライプに見えないくらい複雑なストライプになっています。

生地の手触りはハリとコシを感じます。ヴィンテージ品ですが特有の毛羽立つような感じは全くありません。むしろその反対で滑りの良さを感じます。肉厚。

上記で「幻の藤井毛織」と書いたのはこの会社がもう何年も前に廃業しているからです。当時は日本で最も高級な生地を作る会社として有名でした。

甲州織りの玉虫裏地。

今回もこの裏地を使用しました。お気に入りです。上のリンクには売り切れてしまってないですが【№413】のカラーを使っています。

富士山の湧き水で染め上げた先染めの甲州織で作られた裏地です。水の種類によって染め上がりに違いが出るのかは分かりませんが。。

素材
経糸シルパール(ポリエステル)
緯糸ベンベルグ(キュプラ)

経糸と緯糸で違う色が使われているので見る角度によって色が玉虫色に変わります。

キュプラの特性
  • 吸湿性に優れていて絹のような肌触り
  • なめらかで絹よりも摩擦係数がも低く、静電気が起きにくい
  • 繊維が柔らかく、ドレープ性があり服がしなやかに体に添う
  • 美しい光沢感があり、色が鮮やか
  • アイロン効果が優れているので、仕上がりがきれい
  • 絹とは違い虫に食われにくい

それに加え、強度のあるポリエステルを経糸に使うことにより十分な強度を保っています。

イタリア柄の朱子織り袖裏。

上記の【№1】を使用しています。白地に緑と赤のストライプでイタリアを連想させます。

経糸と緯糸は共にキュプラです。キュプラ素材を朱子織りにすることで光沢と肌触りが抜群によく、見栄えもいい山梨県産の織物です。袖裏は袖の裏地として用いられるだけでなく、毛芯を仕立てる際にも活躍します。今度その様子を写真に収めたのでまとめますまとめました。

イタリア製の毛芯「ADAMELLO」。

今回は画像がありませんが、ベースとなる毛芯にはイタリア製の「ADAMELLO」を使用しています。国産の毛芯とは違う独特の風合いがあり、柔らかさの中にもしなやかでコシがある毛芯です。

毛芯の繊維組成
  • ビスコース・レーヨン44%
  • ウール43%
  • 山羊の毛13%

毛芯の繊維組成は様々なものがあり興味深い。。

馬の毛を利用したバス毛芯。

胸や肩にボリュームを出すために、毛芯よりもさらにハリのあるバス芯を使用しました。

バス毛芯の繊維組成
  • 経糸:綿100%
  • 緯糸:ホースヘアー65%、綿35%

ホースヘアー(馬の毛)が用いられているのが特徴です。これが針金のように固くしなります。

結構な値段がするので高級な服でなければ使われないのが普通かと思います。

その他の副資材について。

上記以外にもポケットの袋布や芯を作る際に使うスレキなどありますが詳しい説明は割愛します。

薄手フェルト|白|生地幅90cm||日本製

フェルトは毛芯の胸の辺りに使います。


ナナコ織り|綿100%|袋地|日本製

ナナコ織りのポケット用袋布です。


スレキ|綿100%|生地幅102cm|日本製

スレキは毛芯や縫い代に縫い付けるテープや芯として使える非常に使い勝手が良い生地です。

サイズについて。

肩幅42cm
身幅49cm
着丈62cm
袖丈72cm
  • 1点もの
  • 新品
参考
  • ヨーロッパサイズですと大体46ぐらいです。SMLではおそらくM程度のサイズ感になります。

不明点がありましたら、お問い合わせフォームまでお気軽にどうぞ!

閉じる